DELLの個人向けパソコンと法人向けパソコンの違い

個人向けパソコンと法人向けパソコンの違いとは?

用途に分けたモデルのラインナップ

DELLのオンラインショップに限らず、パソコンメーカーは「個人のお客様」と「法人のお客様」でページを分けています。

それぞれ個人のお客には、個人向け用途に適したスペック・構成のパソコン。

企業には、ビジネス用途に特化したスペック・構成のパソコンが用意されています。

例えば、個人向けパソコンの場合は、メモリやハードディスクの容量が大きくなっていたり、筐体のデザインがオシャレだったり、DVD編集ソフトなどが最初からインストールされていたりと、幅広いシーンに利用できます。

対して、法人向けパソコンは特化型。

余計なものを一切積まず、できるだけ価格を抑えモデルがあったり、逆に個人だと持て余すほど処理能力が高いパソコンが用意されています。

ところが最近はパソコンの基本性能も良くなり、個人・法人、どちらの用途にも通用する能力を備えているので、それほど違いはありません。

個人で法人向けパソコンは買える?

中には、法人向けのページでしか販売していないモデルもあります。

シークレットクーポンを使えば、安く買えそう」

そんなとき、個人で法人向けパソコンを購入できるのか?

DELLの場合、『法人』に会社の規模は問いません。

従業員が自分一人の個人事業主でも法人扱いですから、『個人事業主』として注文してしまえば購入できます。

ちなみに、「正直に個人として申告しても、法人モデルが買えるか?」サポートに電話とチャットで一回ずつ聞いてみました。

注文はできるけど、法人割引はできない。

シークレットクーポンは使えるけど、注文する前にもう一度サポートに確認してください。

との事。

シークレットクーポンは、将来、たくさん注文してくれるかもしれない企業に向けて、「新しいお得意様になってください」という意味で提供しているクーポンですからね。

クーポンの注意書きにも、「個人のお客様、不特定多数顧客への転売を目的としての購入に対するクーポンの利用をお断りさせていただきます。予めご了承ください。当該クーポンを不適切に使用される場合、デルは当該ご注文をキャンセルすることができます」と記載されています。